【IR】横浜にカジノはいらない?市議員の声【カジノリゾート】

ニュース

みなさん、「カジノ」って知ってますか?

いま横浜では、カジノの話題が新聞やネットなどに掲載されることがたびたびあります。それは、2016年12月にカジノ法案(統合型リゾート整備推進法案)が成立し、日本でもカジノを含む統合型リゾート(IR)を整備するとなったため、横浜市も誘致するかどうかを検討していることから、市民のみなさんの注目を集めているのです。

しかし、なぜこれまで日本では違法だったカジノを、今回法改正して日本につくろうとしているのでしょうか。法案の目的には、「観光・地域経済の振興、財政の改善」とあります。

わかりやすくいうと、海外からの観光客にこのリゾート施設に来てもらい、地域経済の活性化をはかる。あわせて、カジノの収入により自治体の税収が増え、財政の改善がはかられるということです。一見、とても素晴らしい取組のように思えますが、果たしてそうでしょうか。

カジノの目的は破綻

私はこれまで、カジノを含む統合型リゾート(IR)、具体的にはマカオとシンガポールを実際に見てきました。そのどちらも、カジノ利用者はほとんどが東洋人、日本人もいくらかはいましたが、大半は中国人です。では、果たして中国人がカジノをするために日本に来るのでしょうか。

私は、カジノができればその利用者のかなりの割合を日本人が占めると予想しています。そして、この時点ですでに目的が破綻しているのではないでしょうか。もちろん、みなさんも心配しているギャンブル依存症や治安の悪化、マネーロンダリングなど、他にも問題が山積しています。

私は、以上のことから横浜にカジノを含む統合型リゾート(IR)は必要ないと思っています。

横浜には、観光客を魅了するとても素晴らしい観光資源がたくさんあります。これをもっと活かすことで、さらに多くの賑わいをつくり、経済の活性化にもつなげることができると思います。

みなさんはどのようにお考えですか。

引用元:タウンニュース 石渡ゆきお氏