【IR法案】和歌山県にカジノが出来る?

ニュース

大阪に続き和歌山県もカジノを含む統合型リゾート施設、IRの開業を目指します。時期は2024年度です。

和歌山県がIRを誘致する場所は、和歌山マリーナシティで、すでにインフラ設備などの整備は完了しているということです。IRは国内で最大3ヵ所と定められていますが、同じく誘致を目指している大阪夢洲のIRとの相乗効果を狙い、2024年度の開業を目指します。県は、大阪との同時開業で和歌山のIRに年間400万人が訪れ、経済波及効果は3000億円に上ると試算。今後、事業者の選定に向け、来年度の予算案に2億円あまりを計上する方針です。

引用元:ABCテレビ

大阪府に続き和歌山県もカジノ誘致へ動くようですね。10年後には関西といえばカジノ、なんてことになってるかもしれません。