大規模ネット賭博事件で元公安省警察総局トップに禁錮刑求刑

ニュース

インターネットを利用した大規模な違法賭博・資産横領・マネーロンダリング事件で、現在92人の被告が裁判を受けている。東北部地方フート省人民検察院は21日、被告らに最長13年までの禁錮刑を求刑した。

同事件は、ハイテクセキュリティ開発投資社(CNC)と大手ゲーム会社のVTCオンライン(VTC Online)の2社が公安省の上級幹部の保護を受けて2015年4月から「Rikvip」と「Tip.club」の2つのウェブサイトで賭博を違法に開催したというもの。この賭博ルートの規模は10兆VND(約480億円)近くに達した。

検察は違法賭博ルートを運営し、賭博開催罪とマネーロンダリング罪に問われている主犯格のCNC元会長のグエン・バン・ズオン被告(男・43歳)に禁錮11年~13年、CNCと協力したとして同罪に問われているVTCオンライン元会長のファン・サオ・ナム被告(男・39歳)に禁錮6年~7年を求刑した。

また、CNCを公安省傘下の組織として扱うよう提案し、同ルートの賭博活動を保護し、「公務執行にあたり役職・権限を乱用した罪」に問われている公安省警察総局元総局長のファン・バン・ビン被告(男・63歳)に禁錮7年~7年6か月を求刑した。

さらに、同罪に問われている公安省ハイテク犯罪防止警察局(C50)元局長のグエン・タイン・ホア被告(男・60歳)に禁錮7年6か月~8年を求刑した。

92人中89人は罪状を認めているが、ビン被告とホア被告を含めた残りの3人については、いまだ罪状を認めていないという。

引用:VIET J0(ベトジョー ベトナムニュース)