違法裏パチスロ機を使用した賭博店を摘発 経営者と客4人を逮捕

違法賭博

福岡県警生活保安課と博多署は20日までに、福岡市博多区吉塚4丁目、自称賭博店経営の男(41)と、同区築港本町、自称賭博店従業員の男(43)を常習賭博の疑いで、同市早良区在住の会社員男(37)と同市博多区に住む会社員の男(31)を単純賭博容疑(顧客)で、それぞれ逮捕しました。

逮捕容疑は、経営者と従業員は同市博多区中洲4丁目の裏パチスロ賭博店で会社員の男性2人を相手に高額な金銭を賭けてパチスロの役の組み合わせで勝負を競う賭博をしたとの疑いがあります

内容を見ると実際のパチスロ機をどのように使用した賭博なのか若干不明ではありますが、裏スロはもちろんモロ違法です

引用:西日本新聞