パタヤで違法賭博サイト運営 タイ警察が韓国人の男4人を逮捕

違法賭博

タイのパタヤで賭博サイトを運営した韓国人の男4人が現地警察に逮捕された。

3日のタイメディアによると、タイ警察は2日午後、パタヤのあるマンションで賭博サイトを運営するソン容疑者(34)ら韓国人の男4人とタイ人の女1人を逮捕したという。警察はコンピューターと携帯電話、顧客リスト、韓国口座記録なども押収した。

警察によると、ソン容疑者らは逮捕されたタイ人の女の名義で8月末にマンションを借りた後、ここで賭博サイトを運営してきた。また、中国に居住する韓国人プログラマーを月9万バーツ(約30万円)で雇用し、サイトの制作と管理、広報を任せた。

タイ警察当局は韓国から一日およそ1000人がこの賭博サイトに接続して賭博をし、ソン容疑者らは1000万バーツ(約3400万円)の不当な利益を得たとみている。逮捕された4人の韓国人のうちパク容疑者(19)は文書偽造で3億4000万ウォン(約3400万円)の損害を与えた疑いで韓国警察に手配中の人物だった。

タイ警察は韓国人容疑者4人を違法賭博関与の疑いで起訴した後、強制出国させる方針だ。

引用:中央日報/中央日報日本語版